海外製の柔軟剤

海外製の柔軟剤は臭い!? 

柔軟剤の香りもいい匂いだけど、「すごい匂い」と感じるのが特に海外製のもの。

 

外国製柔軟剤を使用した洗濯物の隣に、使用しない洗濯物を干しておくと、
匂いが移ってしまうほどだそうです。

 

また、隣家や階下からも香りが届くそう…。
では、外国製の柔軟剤とはどのようなものなのでしょうか。

ダウニー

ダウニーは日本での香り付き柔軟剤のブームの火付け役ともいえる、アメリカ生まれの柔軟剤です。
ダウニーには何十種類もの香りがあり、アメリカが本家ですが、
アジアンダウニー(ベトナムダウニー))や
メキシコダウニーというものもあります。

 

それぞれ青いボトルに、青いキャップのクリーンブリーズは爽やかな洗剤のような香り、
ピンクのキャップのエイプリルフレッシュは甘いフローラル系の香り、
黄色いキャップのサンブロッサムはフローラルですが甘すぎず爽やかな香り、
緑色のキャップマウンテンスプリングはやさしいフレッシュグリーンの香りです。
クリーンブリーズとエイプリルフレッシュは香りがきつめと
感じる人が多いようです。

カドリー

カドリーはオーストラリア生まれの柔軟剤です。
日本では芸能人がテレビでこの商品を紹介したことから、一般に知られるようになりました。

 

オーストラリア国内では人気ナンバー1の商品です。
基本的に濃縮タイプで、香りの持続性も長く、それでいて低刺激なのが特徴です。

 

夏の朝の庭園のようなフレッシュな香りのサンシャインフレッシュ、イヤンイヤンとラベンダーの
エッセンシャルオイル配合のアロマテラピーリラクシング、ローズと石鹸の香りのフィールドオフローズ、
ジャスミンとベルガモットのエッセンシャルオイル配合のアロマテラピーエナザイジング、
低アレルギーで敏感肌に対応のセンシティブの5つの種類があります。

 

外国製柔軟剤でありながら、やさしく香るという口コミが多いです。
少々値段が張りますので、大事なお洋服などに…。また寝具で使うのがお薦めだそうです。

スナッグル

スナッグルは、パッケージにどこかで見たクマのぬいぐるみが…と思った方、そうです。
アメリカでは定番の柔軟剤スナッグルを日本で売り出す際に、商品名が「ファーファ」になりました。

 

濃縮タイプと非濃縮タイプ
さわやかなグリーンとアップルの香りのグリーンバースト、
すっきりとした清潔感のある香りのブルースパークル、
少し甘めのトロピカルフラワーの香りのピンクフレア、

 

爽やかなシトラスの香りのオレンジラッシュ、
トロピカルベリーとアプリコットにバニラをミックスした
甘い香りのパープルフュージョンなどがが代表的な香りです。

 

非濃縮タイプだと、規定使用量が多いために
洗濯機の柔軟剤投入口には入りきらないくらいだそうです。

 

 

これを読んでどことなくいい香りがしてきた…ような気がしませんか?
生活環境もお洗濯事情も異なる外国製品ですから、合う合わないは多少ありますが、
ただ香りがきつくて外国製柔軟剤を敬遠なさっている方、これを機会に一度試してみませんか?

 

おすすめはパッケージに記載の規定量よりも少量から始めてみることです。
お洗濯ものにベストな量の香りが残るように、色々とお試しになってくださいね。

関連ページ

柔軟剤の匂い
モテる男子は柔軟剤の匂いにこだわっている!?